キックの再現性

インステップキック

キックが上手いとは?

 蹴り方が上手いとしても、蹴る時の周りの状況に適ったキックにならなければ試合では意味がありません。試合中は敵はもちろん、味方の位置も変わります。その瞬間の条件にあったキックが必要です。そのため蹴り方よりも状況の認知が大切だったり、「状況に合わせて勝手に蹴り方は変わるものだ」と説明されたりします。

 ですが、一般の選手(私の言う一般の選手とは、まぁあまり上手ではない選手です)に必要なのは遂行能力としてのキックの再現性だと思います。きちんと自分が考えている通りの動きを再現できているかです。

 試合中の敵や味方の位置を理解して正しい判断でキックが蹴れれば良いですが、それはキック動作自体がある程度熟達している選手の課題だと思います。一般の選手は「こんな蹴り方をするとこんなキックになるんだ」という確実性、再現性が必要です。色んな状況を認知出来て正しい判断が出来ても、キック自体に再現性がなかったりすると意味がありません。

 サッカーは、ロングキック・ショートパス・シュート…などなど、色んな種類のキックがあります。

スピード重視のシュートを蹴ったり…

飛距離の出るキックをフリーで蹴ったり…

素早くサイドチェンジをしなければいけなかったり。

自分がどんなスイングをすると、どんな質のボールが蹴れるのか?それを理解して再現性を高めると、より周囲の環境に合わせたキックが選択できるはずです。

スイングのタイプ

スイングは「縦」と「横」でイメージすると理解しやすいので、映像と合わせて確認してみましょう。

縦スイング

 横から見るとイメージしやすい動きです。主な用途はスピードボールです。シュートを打つときに使われることが多いです。ロングキックでもありですが、しっかりバックスピンがかかってないと軌道が低くなってしまいます。

横スイング

 前後から見るとイメージしやすい動きです。用途は多岐に渡り、フリーキックとコーナーキック、ロングキックでよく使用されます。シュートでも使うことが出来る万能スイングです。骨盤が引けて見えることが多いです。

シュートで使う場合は弾道を抑える工夫が必要です。同じ横スイングをしていても、足首の角度で弾道を調整ができます。足首以外はほとんど同じような全身の使い方をするので、GKにとってはタイミングをずらされて反応しにくいシュートを打つことができます。

縦スイングと横スイングのイメージ

 スイングの全てが横になっているとか、縦になっているとかではありません。おそらく、フォロースルーだけが異なっているのだと考えています。動画を分析しても、フォロースルーのフェイズ以外はスイングが縦でも横でもあまり動きに差はありません。フォロースルーが上にいく(足を高く上げている)のが縦スイング、横にいく(足は高くあげない)のが横スイングと言えるのだと思います。最後の振り抜き方の違いが蹴るボールの性質に影響を与えているようです。

スイングを理解する

縦スイング:スピードも出るし、シュートに向いている
横スイング:足の当て方次第で万能なキックになる

と言った大まかな特徴があります。

多いエラーは、ロングキックを蹴りたいのに縦スイングをしてしまったり、ゴール前で横スイングをしてボールをふかすエラーです。慎重になるほどフォロースルーは小さくなりがちですし、飛距離を出したいと力みがりです。

スイングの特徴を理解して、キックの再現性を高める意識が必要だと思います。